【旅行】日本の保養地・熱海【後半】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、黒ごま(@kurogomakkuro)です。

今回は先日行ってきた熱海旅行の後半について書いていこうと思います!

旅行行程(後半)

ここからは旅行行程後半に突入です!

後半といってもまだ前回(【旅行】日本の保養地・熱海【前半】)では熱海駅でイカメンチと鰻を食べただけですwww

ここからは宿に移動してからのことについてです!

駅前散策(12/26 14:30ごろ)

お昼を食べた後、宿のチェックインまでに少し時間があったため、駅前を少し散策。

写真は特にないのですが、ATAMIXの中と駅前の足湯に入りました。

ATAMIX内にはたくさん飲食店が入っており、かなりリーズナブルな価格で様々なものが食べられるお店がたくさんあります。次熱海に行くときはこちらでお昼をいただきたいですね。

また、ATAMIXで手荷物の預かりもしてくれます。熱海だとおそらくこちらが一番安い(300円)。もう何度か熱海に行っていますが、今回初めて知りましたので、次回からこちらも利用していきたいと思います。

足湯ですが、駅出てすぐにあり、だれでも無料で入ることができます。

こちらも初めて入ったのですが、ぬるめでのんびり入ることができて最高です!

タオルも販売されているので手ぶらでも問題ありません。

宿到着(12/26 15:15着)

宿には一番早いチェックインの15時頃に入りました。

宿までは駅からタクシーを使用しました。最寄りまで行ける公共機関がないためです。

私は駅から坂道を約20分くらい歩くのであれば、全然歩いたほうがおなかもちょうどすいていい感じだと思うのですが、相方に激しく拒否され、仕方なくタクシーにしました。

熱海のタクシーで一つ注意点。キャッシュレス決済が使いずらいということ。都内に住んでいると当たり前のように楽天PAYとかで支払えると思うのですが、熱海だといまだに現金オンリーの個人タクシーがあります。(京都にもいました。)

今回の旅行、使う予定もなかったのでほぼ現金を所持していなかった(引き出すのがめんどくさかった)ので、クレジットカードを使うことができるタクシーのために2,3台見送りました。

賢明なる大人の方々は、熱海に行かれる際は、現金を少々お持ちの方がよろしいかもしれません。(間違っても私のように1000円しか入っていない財布で行かれないように!笑)

お部屋到着(12/26 15:30ごろ)

そして、保養所の説明もほどほどにお部屋にGO!!

1日1組ですので、必然的に最上階のスイートルームに。

こちらのお部屋最強です。これにキッチンとシャワー(大浴場のため部屋にはなし)が付いた部屋に住みたい。

部屋の中から初島の方を向いての写真。太陽が見える設計になっているため、晴れていればいつでも明るい最高に立地です。ほんとにこんなところに住みたい。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bgt

夕食(12/26 18:00)

そしてお待ちかねの夕食のお時間です。

毎度毎度クオリティの高すぎなお料理がわんさか出てきます。

このあとに汁物、お魚の煮つけ、鳥の照り焼き、ご飯、デザートと盛りだくさんで、おなかがパンパンになってしまいました。。。

今回も今案感じのおしゃれな感じで出てきました。

もっとお酒も飲みたかったのですが、ご飯に夢中で飲むのが二の次になってしまいます。

その後はお風呂(もちろん温泉!)にはいり、初日は就寝しました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bgt

朝食(12/27 8:00)

朝もリッチな御食事です。

昨晩に腹十二分目まで食べたので、あまりおなかはすいていなかったのですが、朝食を見たらなぜか食べれてしまうという、マジック。

サラダに焼き魚、その他和なおかずたちです。

美味しすぎて朝からご飯をおかわりしてしまいました。

チェックアウト(12/27 10:00)

朝食後の部屋からの朝日。素晴らしい。東京だと考えられないくらいの日当たりのよさです。

その後はチェックアウトし、駅までタクシー。

お支払いはしっかりクレジットで行いました笑

その後はどこにも寄ることもなく、新幹線に乗り、帰宅しました。

まとめ

今回は熱海旅行後半について書いてきました!

前半(【旅行】日本の保養地・熱海【前半】)から少し時間がたってしまいましたが、後半について書くことができました。

まだ熱海に行ってから2週間程度しかたっていないのに、かなり前のような感覚になっています。笑

ほんとに旅行といっていますが、旅行らしいことは一つもせず、ただ単に飲み食いした、ある意味実家に帰った時と同じような感じでした。

また、この旅行の間に、他人(相方を除く)と密になるようなこともなかったので、結果として実家に帰るよりも良かったのかなと思っています。

ただ、あまり大手を振っての旅行に行きました!ということもできないご時世ですので、早くコロナが収まることを祈るばかりです。

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます!

今後も投稿を続けていこうと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA